セパルトラのひっかく

九州の20代後半一人暮らしが送る雑記ブログ

草彅剛主演のドラマと言えば『フードファイト』だ!

お題「もう一度見たいドラマ」

僕が人生で初めて最後まで見たドラマ『フードファイト

http://www.hdrank.com/images/upload/keyword/459/7557/6222.jpgやっぱまだ若けえ

 

どんなドラマなのか内容を簡潔にまとめますと

 

財政界のごく一部の人間が参加できる賭博ゲーム「フードファイト」。これはチャンピオンと挑戦者1対1の大食い対決の勝敗を予想するものです。

 

草彅剛演じる主人公はその「フードファイト」のチャンピオンなんですが、佐野史郎演じる主催者は賭博で儲けることを考え、一人のチャンピオンが勝ち続けることを良しとしないため、打倒チャンピオンとして色々な挑戦者たちを送り込みます。

その送り込まれた挑戦者達に苦戦しながらも勝利して「俺の胃袋は宇宙だ!」ドヤ顔できめ台詞を決めて終了。

 

そんでもってそのファイトマネーを自分が育った孤児院に匿名で寄付するわけです。

要は伊達直人タイガーマスクの主人公)みたいなもんと考えてもらえればいいでしょう。

 

こんな感じの当時の日テレ土曜9時イズム溢れる作品と言えばいいでしょうか。

 

事実、当時の視聴率も良く、連続ドラマ終了後も2度にわたりスペシャルドラマが放送されました。

 

その2度目のラストで主人公の妹がいることが示唆され、続編があるような引きで終わったんです・・・

 

実際に早食いをして死亡事故が起こったことなどから続編制作・再放送はおろかVHS化・DVD化もされることのない事実上の封印作品として日本ドラマ界の裏口に名前が刻まれることとなってしまいました。

 

何とか今後の映像化に期待したいところですけど

・主演の草彅剛がジャニーズを辞めていて権利関係がややこしそう

・ゲスト出演した中に「誠意大将軍」がいる。

   ↓このお方

f:id:tossh:20190118223158j:plain

と言った事情もあるんで映像化はやっぱゼツボー的よね。

 

せっかくの名作が後世に残せなくなるなんてね。むなしいですわ。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セット)

僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セット)

 

 草彅剛主演で言ったら僕シリーズもいいですよね。

 

 

 

 

 

ブログをすらすら書けるようになりたい

ブログって書くの難しいですよね。

ブログが書けなくたって別に困りはしないし、書けないのならこのまま放置プレイ決めて気が向いたときにブログを削除すればって話ですけどね。

でもせっかく始めたんだから、ブログ更新を習慣にしていけば何か新しい発見とかがあるんじゃないのかなっていうのが現時点での考え。

ネットを見てるとPVを月○○PVだとか、ブログを収益化させていくら稼ぐとかってよく見かけるけどそんなの全然考えられないし、現状はそれ以前の問題。

とりあえず書くっていうことができなきゃ何も始まらないってこと。

なんでブログをすらすら書けるようになりたいのが僕のヘルメット5回ぶつけるでもない、車のブレーキランプ5回点滅させるでもない未来予想図つーか願望なのです。

 

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA

 

 

 

しましまとらのしまじろうってあいつ何者?

しまじろうっているじゃないですか?

 

 

f:id:tossh:20190225230644p:plain

 

 

 

僕ね、ぶっちゃけね、ただのバカだって思われるかもだけど、今の今まで「ちゃれんじ島」の島からしまじろうだって思ってたんです。

 

だって、だって『しましまとらのしまじろう』ってタイトルでしょ、この「しましま」って縞縞模様の「しましま」が由来ってことなんでしょうけど。

 

でも、こいつを正面から見てですよ。子供がすぐに「縞縞だからしまじろうなんだー」って連想しますか?

 

それにこの歌あるじゃないですか。

www.nicovideo.jp

ここでちゃれんじ島は夢いっぱーいとか思いっきり言ってるじゃないっすかー


やっぱここで島が強烈にインプットされませんかどうでしょうかね。


後このサビの部分。

 

スキスキスキスキ スキップ

ウキウキウキウキ ステップ

いつもドッキリ アイランド
シマシマシマシマ ポケット 

ニコニコニコニコ かけっこ

何なんですかシマシマシマシマポケットって。

 

次は2番のサビ。

 

スキスキスキスキ スキップ

ウキウキウキウキ ステップ

まるいホッペに チューリップ
シマシマシマシマ はしって

ニコニコニコニコ わらって

シマシマシマシマはしって?

 

どうでしょうこの「シマシマシマシマの部分を持て余しまくってる感じは。

このアニメのタイトル12文字中の三分の一を占める「しましま」を韻を踏むでもなく、次の言葉に結ぶでもなく、疑問しか残らない扱いにしてしまっている。

 

そんなしましまを背負ってしまったしまじろう。でもいいんだよ。

 

ちゃれんじ島は夢いっぱいだから。

 

 

 

 

 

 

 

終わらせて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪口を毎日言ってる人と一緒にいるとげんなりしてきません?

悪口を毎日のように言う人ってさ、言ってる本人は面白い、あの人って嫌な人でしょ。ねぇ聞いてよなんて思ってるかもだろうけど。

 

この場を借りて言わせていただきますと

 

聞かされる側は反応に困るからすみやかにやめてください。

 

だってその悪口にあんまし同調したくないし、かといって無反応で無視したなんて思われたくもないし。どうするのが聞かされる側のベストアンサーなの?

 

そして悪口を言い続けても一時的には面白いかもだけど、最終的に何も得しなくて損する未来が待ってるもん。こちらのサイトにもあるように言ったほうがいずれ嫌われます。

yakb.net

 

ここまでの流れで、あくまでもですが、人の悪口だったり文句だったりを(言わないに越したことってないけど)、飲み会とかでごくごくたま~に「実はね」と言われるぐらいだったらそこまでは気にならないんですけどね。

 

嫌いな人に直接嫌いって言ってたら世の中成り立たないし、愚痴だったり、文句だったりを言うことはストレスのガス抜きとしてはそこまで否定はできないわけで。僕もそうやってストレス発散したこともあるわけだし。つーかこのブログに書いてること自体それだし(汗

 

そんな感じで、たまに言われるなら「大変だね」で済ませる気にもなるけど、これを毎日続くとなると「この人性格悪いな」って人間いずれ思われちゃいますよ。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

高野連は新潟県に球数制限を試させれば良かったんだよって話

こんにちはセパルトラです。

 

今回は高校野球の球数制限について、少し書きたくなったので書いてみます。

 

 

先日、新潟県高野連独自に春の県大会で1人の投手が投げられる球数を100球まで(到達イニングの最後まで)という球数制限の試験的導入を決めましたが、日本高野連はそれに再考を申し入れる形となりました。

 

この決定に対して率直に言わせていただくと、新潟県高野連が今まで試せなかった球数制限の導入をしますと未来への試金石のため言ったのだから、暖かく見守ってほしかった。

 

甲子園出場を決める大会ではなく、あくまで春の県大会。ここで実施されることで、試合展開や、選手起用がどうなるかといった実験としての絶好の機会になったはずです。

 

高野連が4月から有識者会議を立ち上げると言っていますが、全て机上の空論からの議論を始めるよりも、実際に行われたデータが一つあるだけで変わってくるはずなんですけどね。

 

 

 

 

https://azukichi.net/img/baseball/baseball092.jpg

 

  • 今後も課題は山積み
球数制限を導入する理由として、「投手の集中起用によるケガの防止」である訳ですが、球数制限=全て解決とは当然なりません。
 
肩と肘は消耗品。
 
その消耗品を守るために毎日の練習での球数の制限、試合間隔の見直しなどなど、何が一番ベストであるかその答えを探し続けなければいけない。

 

だからその答えを探す第一歩として、新潟に・・・となるんですよね。

 

高校野球野球界の未来を担う人材の宝庫。その中にいる宝を大切に守ってほしい。

 

 その宝を守るため、新たな試みはどんどん試してもらいたいです。

 

一野球ファンより。

長嶋茂雄さん83歳の誕生日おめでとうございます!

2月20日に長嶋茂雄さんが、83歳の誕生日を迎えられました。

【巨人】次女・三奈さん、長嶋終身名誉監督の重病説一蹴「自分で自分の体を治しちゃった」83歳誕生日 : スポーツ報知 1/3

長嶋さんと言えばプロ野球界での実績。そしてかホントか色々な意味での伝説を数多く残しています。I live in EDOとかね。

2chart.fc2web.com

脳梗塞で倒れられてから15年。長嶋さんは壮絶なリハビリをされてきたそうです。

 

長嶋さんのリハビリを頑張る姿を見た他のリハビリ中の方も勇気を貰ったのだとか。

 

 

ご高齢なので無理はしてほしくないですが、早くお元気な姿で皆の前に現れてほしい。

 

この方がいるだけで周りが皆明るくなれる。この方はそんな力を持つ正真正銘のスターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『劇場版シティーハンター <新宿プライベート ・アイズ>』を観に行ったので感想

こんにちはセパルトラです。

 

日劇場版シティーハンターを見に行ってきました。

cityhunter-movie.com

 

面白かった。

 

感想を一言で表現するなら、凄く良い意味で、様式美という言葉がぴったりと当てはまる。「いつものシティーハンター」。だがそれがいい

 

映画だからといって変に奇をてらうことなく、どうすれば観客を喜ばせることができるのか作り手がよくわかってる。これに尽きる。

 

昔からシティーハンターを見ていた人ならより楽しめるし、見たことがない人でもこれから見るための入門編と言える内容かなと思います。

  • ストーリー
 話の内容は
美女が助けを求める→獠がもっこりして引き受ける→獠夜這いをしようとするも阻止される→なんやかんやで敵を倒す→ラスト獠と香が話しながらここで『Get Wild』のイントロドン→一枚絵が止まって引いて→アスファルトタイヤを切りつけながら暗闇走りぬける~

 

とまぁいつもと同じ.。だがそれがいい(2回目)

 

時代も連載当時の80年代後半から90年代前半ではなく2019年。

 

それに合わせてスマホもドローンも使うし、ペッパー君(らしきもの)も喫茶cat's-eyeにやってくるし新宿にゴジラもある。

ラストバトルも人間相手でなく化学兵器が相手。

 

 

 こういった現代的な要素もうまくマッチングさせた。懐かしいけど新しい2019年のシティーハンターといった感じです。

 

ただし、尺の都合上仕方ないかもしれませんが、敵キャラの動機とかが説明不足に感じられたのは少しマイナスかなと。

 

  • 変わらなかった声優さんたち
神谷さん初めオリジナルキャスト続投。
 
神谷さんの声はTVシリーズよりも若干渋いと思ったけど、落ち着きというか戦闘時の百戦錬磨感はすごい。
 
それとゲストの飯豊まりえさんの演技が初めての声優とは感じさせないくらい良かったこと。これで安心してみることができました。
 
そして、逝去されたため出演の叶わなかった藤田淑子さんの名前もしっかりクレジットされている。この計らいは嬉しかった。
 
 
  • 出し惜しみなしの名曲ラッシュ
 「Get Wild」だけじゃなく歴代のOP・EDが要所要所で使われる。
 
特にEDの2段構成。は必聴必見。
 
そしてまさかのRUNNING TO HORIZON」もあるよ。
 
  • 最後に

神谷さんの今まで演じた中で、一番好きなキャラクターがだそうです。(自分の個人事務所の名前も「冴羽商事」にしてしまうくらい。)

 

舞台挨拶の中で神谷さんから「次につながるように頑張りたい」と言葉があったそうですが、僕もぜひ神谷さんが演じるが見たい。

 

 
続編を希望します。いや、してください。お願いします。
 

 

GET WILD SONG MAFIA

GET WILD SONG MAFIA